テスト勉強前日だけで中学校の点数・成績は上がる?一夜漬けは有効か

中学生勉強法
この記事は約6分で読めます。

中学生の成績に関しては、定期テストが大きな役割を果たします。

そのため、定期テスト勉強をしっかりと行う必要があります。

しかし、たいていの中学生は、何らかの部活動に参加しており、学校から帰ると結構遅い時間になってしまうことも多く、なかなか勉強に時間を割けないというもの事実です。

土日にも部活があったり、もちろん、中学生なので、遊びにも時間を割きたいと思いますよね(^^)

そのため、できれば、定期テスト勉強というのは、効率良く行いたいと考えてしまうものですよね。

そうはいっても、テスト前日だけの一夜漬けのような勉強で、定期テストの点数は上がるものなのでしょうか。

そこで、ここでは、中学校の定期テストにおいて、前日の勉強だけで、点数を上げることができるのかどうかについて、くわしく見ていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

中学生の定期テスト勉強は、前日だけで点数は上げられる?

結論から言いますと、前日だけのテスト勉強で、定期テストの点数を上げることは可能です。

ただし、「教科や単元による」という条件付きとなります。

それでは、どのような条件の場合に、前日だけの勉強で成績が上げられるのでしょうか。

それは、以下のような場合となります。

  • 暗記要素の強い教科・単元
  • ある程度テスト範囲が狭い
  • 一定の箇所が出題されることが確定しており、配点がわかっている

それぞれについて、くわしく見ていきたいと思います。

 

暗記要素の強い教科・単元

暗記要素の強い教科や単元の場合には、前日だけの勉強でもテストの点数を上げることは可能です。

逆に言うと、英語や数学のように、これまでの学習内容が土台となっているような教科や内容であれば、前日だけの勉強で点数を上げることは困難となります。

直前でも、暗記だけで点数に結びつきやすい教科は、社会・音楽・技術・家庭科・保健体育があげられるのではないでしょうか。

また、単元内容で言うと、理科の生物、国語の漢字、英単語などがあげられます。

 

ある程度テスト範囲が狭い

上記で述べたように、暗記要素の強い教科や単元であれば、テスト前日の勉強でも、点数に結び付けやすいです。

しかし、例えば、暗記要素の強い教科である社会であっても、テスト範囲が、教科書p.1~p.200といったように、膨大であれば、前日だけの勉強での点数アップは難しいでしょう。

ある程度、狭い範囲でない限りは、前日に徹夜したところで、頭に入れるのは困難となります。

テスト範囲となる、暗記箇所が絞られている場合には、前日の勉強だけでも、点数に結びつけることは、比較的簡単なことになります。

一定の箇所が出題されることが確定しており、配点がわかっている

暗記しやすい単元があったとしても、そこから、テストに出題されるかどうかが不明であれば、点数には結び付きません。

中学校では、テスト前に、教科や先生によっては、「このプリントから10問出題する」「漢字のプリントから20点分出題する」などと、出題箇所を明言する場合があります。

このような場合には、そこを丸暗記してしまうことに、力を注ぐことが可能となります。

 

これらの条件の場合には、前日だけの勉強でもある程度の点数を取ることは可能となります。

 

 

 

 

 

 

 

中学生の前日だけの定期テスト勉強で成績を上げる方法は?

それでは、中学校の定期テストにおいて、前日だけの勉強で成績を上げるためには、どのように取り組めば良いのでしょうか。

以下の方法が重要となります。

  • 提出物や暗記以外の勉強を済ませておく
  • 暗記に時間を使えるように計画を立てる
  • 少し無理をして勉強をする

それぞれについて、くわしく見ていきたいと思います。

 

提出物や暗記以外の勉強を済ませておく

前日の勉強だけで、点数を上げやすいのは、暗記教科や単元です。

そのため、それらの暗記に時間を使えるように、それ以外の勉強を済ませておく必要があります。

特に、課題や提出物には要注意です。

テストの際に、課題や提出物を提出しなければ、結局、その分の点数はもらえません。

そうなってしまうと、定期テスト自体で、ある程度良い点数を取ったところで、成績が上がることにはならないですよね。

そのため、課題などの提出物は、テストまでにコツコツと仕上げておく必要があります。

また、これまでの学習内容の理解が土台となる、英語や数学などの勉強が、ある程度できていることも前提となります。

 

暗記に時間を使えるように計画を立てる

上記とつながる内容となりますが、暗記に時間を使うことが可能な状態になっている必要があります。

そして、計画的に暗記を行えるように計画を立てることが重要となります。

例えば、翌日のテストの教科が、英語、理科、家庭科だとします。

このような場合には、まずは、直前に英語を勉強する必要がない状態にしておくことが重要ですよね。

そして、理科と家庭科にどれくらいの時間を割くことが可能なのかを考えて、何を暗記するのかを考えたうえで、取り組むことが重要となります。

以下は、実際のある中学校の1学期期末テストの時間割です。

7月15日(水)7月16日(木)7月17日(金)
1限目理科国語英語
2限目社会保健体育数学
3限目技術/家庭科音楽

このような場合には、1日目は、暗記科目ばかりなので、少し大変ですよね。

しかし、土日の休みの間に、ある程度の勉強を行うことが可能です。

土日に、英語数学をある程度仕上げてしまい、早いうちに1日目の科目のうち、比較的得意なものに取り組むのが良いでしょう。

そして、前日には、苦手な教科の丸暗記に取り組むのが良いです。

特に、技術や家庭科は、入試には必要ないので、直前でも構いませんし、点数にもなりやすいです。

2日目のテストは、国語は直前にして意味があるのは、範囲を指定された漢字の暗記くらいです。

そのため、1日目のテストは昼までで終わるので、保健体育と音楽に集中して取り組み、点数を稼ぐために、時間を使うのが良いですね。

このように、ある程度、時間割とテスト範囲が判明された時点で、計画を考えることが重要となります。

 

少し無理をして勉強をする

普段の勉強が足りなくても、テスト前日の勉強だけで、ある程度良い点数を取ることを目的にするのであれば、少しくらい無理をする必要があります。

体調を崩さない程度に、夜遅くまで暗記に時間を費やすなどは、暗記教科や単元での成果には、有効な手段となります。

そして、これまでに述べてきたように、覚えるだけで点数になる範囲で、ある程度出題される可能性も高いものであれば、一夜漬けでも成果になるでしょう。

そうはいっても、テストが3日ある場合に、1日目の前日に無理をし過ぎて、2日目、3日目に頑張れなくては意味がありませんよね^^;

 

 

 

 

 

 

定期テスト前日だけで定期テストの点数は上がりますが…

これまで述べてきたように、定期テスト前日の勉強だけで、中学校のテストの点数・成績を上げることは可能です。

しかし、一夜漬けのような暗記中心の勉強で、テストで点数を取ることが可能であっても、それが、その先の学力になるかどうかは、別問題です。

そのときは、覚えられたかもしれませんが、すぐに忘れてしまい、身に付かない可能性は高いですよね。

ですので、例えば、副教科(実技4教科)のように、入試には必要のない教科などであれば、一夜漬けの丸暗記で良い点数を取るのも、内申点を稼ぐためには、有効な手段となるかもしれません。

本来は、普段から、しっかりと復習を行い、理解を深められるように勉強することが望ましいですね(^^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました