受験生の勉強時間はどのくらい?中学生に必要な学習量について

受験が近づくと、勉強時間が足りているのか不安になりますよね。

受験生の勉強時間は、中学生の場合、どのくらい必要なのでしょうか。

人によって、目標や現状は様々なので、なかなか難しいですよね。

そこで、ここでは、受験生の勉強時間は中学生ではどのくらい必要なのか、詳しく見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

受験生の勉強時間はどれくらい?中学生の場合は?

受験生の勉強時間が、中学生の場合どれくらい必要かは、学力や志望校によって異なります!

そんなことを言ってしまうと、元も子もないありませんよね。

中学生の受験生であれば、勉強時間は、平日は5時間、休日は8時間など、明確な指針がほしい人も多いかと思います。

しかし、受験生といっても、中学生のみなさんは、それぞれ、現在の学力が異なります。

また、目標である志望校も違いますよね。

そのため、「何時間」などといった明確な時間は提示しにくいかと思います。

逆に、「受験生に必要な勉強時間は、平日3時間、休日5時間です」などと述べているサイトは信頼性に欠くのではないかと感じます。

では、受験生の中学生の勉強時間の目安はどのように考えれば良いでしょうか。

一日の中で、どれくらい勉強に使える時間があるのか、ということから考えることは可能です。

例えば、平日で、中学校がある日のスケジュールです。

7:00 起床
8:00 登校
8:30~16:00 中学校
16:30 帰宅
17:00~19:00 勉強
19:00~19:30 夕食
19:30~20:00 入浴
20:00~23:00 勉強

このように、学校以外の勉強には、5時間ほど使えるのではないでしょうか。

休日であれば、中学校がないので、もっと多くの時間を勉強に充てられますね。

人によって睡眠時間や起床時間は違うので、それに応じて考えることが可能です。

その中で、自分にとって必要な時間を勉強に充てることが重要です。

このように、受験生の勉強時間は、中学生の場合どれくらい必要かは、学力や志望校によって異なります。

ただ、勉強時間も重要ですが、勉強の質も重要です。

スポンサーリンク

受験生に重要なのは勉強時間よりも質?

受験生には、勉強時間も重要ですが、勉強の質はもっと重要です。

「今日は3時間も勉強した!」
「明日は5時間勉強しよう!」

などと、たくさんの時間勉強すると、満足感を得られるかもしれません。

しかし、実際に、中身が伴っていなければ、ただの自己満足ですよね。

なので、受験勉強に時間だけでなく、質を伴わせようとすると、以下を意識することが重要となります。

  • 何の教科のどの単元を勉強するのか
  • どれだけのものを暗記するのか

ただ、これらを考えようと思うと、いつまでに、どれだけする必要があるのかが重要です。

そこから、毎日、何をどれだけするのか、勉強するメニューを決めなければいけません。

計画的にしないと、意味のない自己満足な勉強になってしまいかねません。

このように、受験生には、勉強時間も重要ですが、勉強の質は重要なのです。

では、中学生が自分だけで、受験に向けた目標や計画を立てるためにはどうすれば良いのでしょうか。

スポンサーリンク

受験に向けた目標や計画を立てるためには?

中学生が自分だけで受験に向けた目標や計画を立てるのは、困難です。

勉強というのは、本来、自分自身で行うものです。

また、そのための計画も自分で立てるべきものでしょう。

しかし、ほとんどの中学生は、初めての受験です。

経験したことないことに対し、大きな目標を設定するのは非常に困難です。

また、苦手、好きではない、やりたくない勉強であれば、なおさらです。

オンラインプロ教師のメガスタであれば、受験という目標に対し、一緒に適切な計画を立てることが可能です。


また、一人で勉強しているとき、わからないものが出てくると、やる気がなくなってしまいます。

そのようなことにならないように、指導がない日でも、指導科目以外でも24時間いつでも質問できます。

 

スポンサーリンク