塾の無料体験後の断り方!最も良い方法とは?現役塾経営者が教えます

塾を検討する場合、いくつかの塾に電話で問合せたり、足を運んで話を聞いたりするかと思います。

そして、その後、気になる塾では、実際に無料体験を受けることになるかと思います。

しかし、実際に無料体験を受けてみると、それほど良いと思わなかったり、色々検討してみた結果、入塾しないという結論になる場合があるかと思います。

いくつかの塾で体験を受けた場合などにも、比較検討し、一番良かったところ以外は、お断りすることになります。

このような場合に、無料体験を受けたけれど、入塾しない場合、どのような断り方が良いのか悩みますよね…。

そこで、ここでは、塾の無料体験を受けた後の、入塾の最も良い断り方について、現役塾経営者が詳しく教えたいと思います。

無料体験を受けたけど、塾はイマイチという人には、オンライン家庭教師をオススメします。


無料体験後の入塾の最も良い断り方は?

無料体験を受けた後の塾の最も良い断り方は、入塾する場合は、こちらからご連絡させていただくと伝えることです。

体験授業後の面談の場合でも、塾からの営業電話であっても、このように伝えておけば、主導権は、塾側ではなく、生徒・保護者側になります。

もし、入塾したいと思ったら、そのタイミングで、塾に連絡をすれば良いのです。

逆に、そのような気にならなかった場合には、連絡をする必要はありません。

基本的には、このように伝えることで、しつこく営業をされることはないでしょう。

これは、無料体験後の入塾の断り方に限りません。

どのような問合せ後の営業に関しても、このように伝えておくと、しつこい営業を受けることはなくなるでしょう。

体験授業を受けた後、「気が乗らない」「思っていたのと違う」「他の塾に決めた…」など様々な理由で、入塾しない場合があるかと思います。

いずれの場合においても、入塾を断らなければいけません。

せっかく、親身になってくれて、無料で体験授業まで受けさせてもらった上で、お断りするというのは気が引けますよね。

そうはいっても、放っておくと、定期的に、塾から電話などの営業を掛けられてしまいます。

そのため、入塾する場合は、こちらからご連絡させていただくというのが、塾の無料体験の最も良い断り方となります。

では、塾の無料体験を受けた後に断るのは、どのタイミングが良いのでしょうか。

スポンサーリンク

塾の無料体験後の入塾を断るタイミングは?

塾の無料体験後の入塾を断るのに良いタイミングは、「通う(通わせる)つもりがない」と判断したときです。

塾の無料体験は以下のような流れで進んでいきます。

塾によって、若干、異なりますが、おおむね、以下のような流れとなります。

  1. 問合せ・資料請求
  2. 面談
  3. 無料体験

それぞれの流れについて、ご説明いたします。

問合せ・資料請求

保護者側から、アクションを起こします。

電話する、ホームページから問い合わせる、資料を請求する、直接伺うなどと色々な方法があります。

ここでの印象によって、次のアクションを起こすのかどうかを判断するのが良いでしょう。

もし、この段階で、「何か違うな…」と思えば、ここで断るのが良いでしょう。

面談

実際に、無料体験の話を進めていくためには、子どもと一緒に塾へ話を聞きに行く必要があります。

中には、この段階で入塾を促される場合もあります。

この段階では、決めかねるので、まずは、無料体験授業を受講するのが一般的です。

しかし、このときに、塾長の対応に疑問を持ったり、塾の雰囲気が合わないと感じることもあるかもしれません。

そのような場合には、無料体験授業自体を断る方が良いでしょう。

無料体験授業は、お子様の大切な時間を割くことになります。

無料体験

体験授業を受けてから判断しようと思うのであれば、体験授業の受講をお願いします。

このときに、無料体験後に、面談を設定される塾もあります。

その場合には、その場で営業をかけられ、決断を迫られるということも多いかと思います。

通わせるつもりがないのであれば、このときに、「こちらからご連絡します」と伝えてしまいましょう。

お互いに無駄な時間とならないように、塾の無料体験後の入塾を断るのは、「通う(通わせる)つもりがない」と判断したときが良いですね。

では、塾の無料体験を断ったけれども、成績が不安な場合にはどうすれば良いでしょうか。

スポンサーリンク

塾の無料体験を断ったが、成績が不安な場合はどうすれば良い?

塾の無料体験をいくつか受けたけど、「どこも何か違う…」「授業料が高い」「そもそも塾じゃない方が良い?」などと思うかもしれません。

しかし、塾を断ってしまったけど、このままでは成績が不安ですよね。

そのような場合には、オンライン家庭教師のメガスタをオススメします。


資料請求だけだったら、無料です。

塾との違いを比較してみるのも良いのではないでしょうか!

スポンサーリンク