時事問題2022年4月最新ニュース!中学生社会定期テスト対策!

各中学校では、社会の定期テストに時事問題が出題されます。

配点は学校や学年により異なると思いますが、10点程度の配点となることが多いのではないでしょうか。

時事問題として出題されるものは、最新の主要なニュースからとなるため、おおよその予想を立てることが可能です。

時事問題について、2022年4月の最新ニュースから中学生が社会の定期テスト対策として覚えておくべきものはどのようなものでしょうか。

そこで、ここでは、時事問題の2022年4月の最新ニュースから中学生が社会の定期テスト対策として覚えておくべきものを予想していきたいと思います。

スポンサーリンク

時事問題2022年6月の最新ニュース!

時事問題2022年4月から、中学生が覚えておくべき最新ニュースは以下となります。

成人年齢を18歳へ引き下げ(4/1)

改正民法が施行され、成人年齢が20歳から18歳へ引き下げられました。これにより「親の同意なし」で携帯電話、アパート・マンションの入居、クレジットカード、ローンの契約が可能となります。
また結婚は、これまで男性18歳、女性16歳から、未成年の場合は親の同意が必要でしたが、男女18歳から「親の同意なし」で結婚できます。

松野博一官房長官がワクチン担当相を兼務(4/4)

堀内詔子前ワクチン担当相が31日で辞任しました。この辞任は内閣法による閣僚の上限数が1名減少したことによるものです。これにより、松野博一官房長官がワクチン担当相を兼務することになりました。

ウクライナの首都の名称表記を「キーウ」に変更(4/7)

政府がウクライナの首都キエフの名称表記をキーウに変更すると発表しました。ウクライナ語の発音にあわせたもので首都以外の地名も変更されました。

IEA加盟国が過去最大規模の石油備蓄放出を行う(4/7)

IEA(国際エネルギー機関)は、高値が続く原油価格が安定するよう、加盟国があわせて1億2000万バレルと過去最大規模の備蓄放出を行うことを発表しました。IEAの備蓄放出は今年2回目となり、日本は国家備蓄と民間備蓄から合わせて1500万バレルを放出します。これは、アメリカの6000万バレルに次ぐ量です。

ロシアへの追加制裁 アルコール飲料など38品目の輸入を禁止へ(4/12)

ウクライナ情勢をめぐるロシアに対する追加の制裁措置として、政府は4月19日よりアルコール飲料、木材、自動車やオートバイ関連、機械など合わせて38品目、ロシアからの輸入禁止を決めました。ロシアからの物の輸入禁止は初めてとなります。

「世界長者番付2022」でイーロン・マスク氏が1位(4/15)

「世界長者番付2022」で米電気自動車テスラのイーロン・マスク氏が初の1位となりました。マスク氏の総資産額は推定2190億ドル(約26兆9100億円)です。

ロシアへの制裁措置として 「最恵国待遇」撤回(4/20)

ウクライナ侵攻へのロシアに対する制裁措置として、貿易の優遇措置などを保障する「最恵国待遇」撤回などを盛り込んだ法律が、参議院本会議で可決・成立しました。これによりロシアからの輸入品への関税が引き上げられます。

北海道の知床半島の沖合で観光船が遭難(4/23)

北海道の知床半島の沖合で乗員・乗客26人が乗った観光船が浸水し遭難しました。観光船「KAZUⅠ(カズ ワン)」の船体は、29日海底で発見されました。

フランス大統領選挙でマクロン大統領が再選(4/25)

フランス大統領選挙において、現職のマクロン大統領が極右政党のルペン前党首をやぶり再選を果たしました。

では、時事問題2022年4月の最新ニュースから、中学生の定期テストの社会に出題されそうなものを見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

時事問題2022年4月から中学生社会の定期テスト予想!

時事問題2022年4月の最新ニュースから、中学生の定期テストの社会に出題されそうなものは以下となります!

民法改正で成人年齢は何歳に引き下げられた?

(解答)18歳

堀内詔子前ワクチン担当相の辞任によりワクチン担当相を兼務することになったのは誰?

(解答)松野博一官房長官

ウクライナ語の発音にあわせ、ウクライナの首都キエフの表記は何に変更となった?

(解答)キーウ

「世界長者番付2022」で1位となったのは誰?

(解答)イーロン・マスク氏

フランス大統領選挙において再選したのは誰?

(解答)マクロン大統領

どこの中学校でも、社会の時事問題に出題されるものは、それほど差はありません!

スポンサーリンク

社会のテストに時事問題として出題されるものは決まっている?

今回は時事問題2022年4月の最新ニュースから、中学生の定期テストの社会で出題されそうなものを取り上げました。

これまで各中学校の定期テストでの時事問題の予想を行ってきており、予想は高確率で的中しております。

そのため、今回の内容についても、高確率で各中学校の定期テストの社会の時事問題で出題されると思われます。

是非、参考にして、社会で高得点を目指しましょう!

スポンサーリンク