時事問題2022年6月最新ニュース!中学生社会定期テスト対策!

各中学校では、社会の定期テストに時事問題が出題されます。

配点は学校や学年により異なると思いますが、10点程度の配点となることが多いのではないでしょうか。

時事問題として出題されるものは、最新の主要なニュースからとなるため、おおよその予想を立てることが可能です。

時事問題について、2022年6月の最新ニュースから中学生が社会の定期テスト対策として覚えておくべきものはどのようなものでしょうか。

そこで、ここでは、時事問題の2022年6月の最新ニュースから中学生が社会の定期テスト対策として覚えておくべきものを予想していきたいと思います。

スポンサーリンク

時事問題2022年6月の最新ニュース!

時事問題2022年6月から、中学生が覚えておくべき最新ニュースは以下となります。

上海で新型コロナウイルス対策の都市封鎖(ロックダウン)が解除(6/1)

中国の上海市では、新型コロナウイルスの抑え込みのために約2カ月間続けた都市封鎖(ロックダウン)を解除しました。

スパコン富岳が世界1位から転落(6/3)

理化学研究所と富士通が共同開発したスーパーコンピュータ(スパコン)「 富岳 」が、計算速度の世界ランキング「TOP500」で世界2位に転落しました。1位はアメリカのオークリッジ国立研究所(ORNL)が開発した「 フロンティア」です。

日本が国連安全保障理事会(安保理)の非常任理事国に選出(6/9)

日本が6年ぶりに国連安全保障理事会(安保理)の常任理事国に選出されました。今回が12回目で世界最多記録となります。

こども家庭庁法が成立(6/15)

子ども政策の司令塔となる子ども家庭庁設置法が6月15日の参院本会議で成立しました。

では、時事問題2022年6月の最新ニュースから、中学生の定期テストの社会に出題されそうなものを見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

時事問題2022年6月から中学生社会の定期テスト予想!

時事問題2022年6月の最新ニュースから、中学生の定期テストの社会に出題されそうなものは以下となります!

新型コロナウイルス対策の都市封鎖(ロックダウン)が解除されたのは中国のどこ?

(解答)上海市

計算速度の世界ランキング「TOP500」で世界2位に転落したのは?

(解答)スーパーコンピュータ(スパコン)「 富岳 」

日本が6年ぶり12回目の国連安全保障理事会(安保理)の何に選出された?

(解答)非常任理事国

6月15日の参院本会議で成立したのは、子ども政策の司令塔となる何?

(解答)こども家庭庁

どこの中学校でも、社会の時事問題に出題されるものは、それほど差はありません!

スポンサーリンク

社会のテストに時事問題として出題されるものは決まっている?

今回は時事問題2022年6月の最新ニュースから、中学生の定期テストの社会で出題されそうなものを取り上げました。

これまで各中学校の定期テストでの時事問題の予想を行ってきており、予想は高確率で的中しております。

そのため、今回の内容についても、高確率で各中学校の定期テストの社会の時事問題で出題されると思われます。

是非、参考にして、社会で高得点を目指しましょう!

スポンサーリンク