時事問題2022年1月最新ニュース!中学生社会定期テスト対策!

各中学校では、社会の定期テストに時事問題が出題されます。

配点は学校や学年により異なると思いますが、10点程度の配点となることが多いのではないでしょうか。

時事問題として出題されるものは、最新の主要なニュースからとなるため、おおよその予想を立てることが可能です。

時事問題について、2022年1月の最新ニュースから中学生が社会の定期テスト対策として覚えておくべきものはどのようなものでしょうか。

そこで、ここでは、時事問題の2022年1月の最新ニュースから中学生が社会の定期テスト対策として覚えておくべきものを予想していきたいと思います。

スポンサーリンク

時事問題2022年1月の最新ニュース!

時事問題2022年1月から、中学生が覚えておくべき最新ニュースは以下となります。

箱根駅伝で青山学院が2年ぶり総合優勝(1/3)

関東の大学対抗で競う箱根駅伝では、2日の往路を制した青山学院大が10時間43分42秒の大会新記録で2年ぶり6回目の総合優勝となりました。

海部俊樹 元首相が死去(1/9)

海部俊樹 元総理大臣(91歳)が老衰のため死去しました。
平成元年より2年余りの間に総理大臣を務めました。

アウンサンスーチー氏に禁錮4年の有罪判決(1/10)

国軍のクーデターで身柄を拘束された民主化指導者アウンサンスーチー氏は、ミャンマーの首都ネピドーの裁判所にて禁錮4年の有罪判決を言い渡されました。

体操男子の内村航平選手が現役を引退発表(1/14)

体操男子で、日本のエースとして活躍した内村航平選手(33)が現役を引退すると、所属事務所が発表しました。
14日に本人が東京都内で記者会見しました。

トンガの火山島で大規模な噴火が発生(1/15)

南太平洋のトンガ諸島の火山島「フンガ・トンガ フンガ・ハアパイ」で大規模な噴火が発生しました。
16日には日本の各地で津波が観測されました。

第166回 芥川賞と第166回 直木賞の受賞作品が決定(1/19)

第166回芥川賞に砂川文次さん(31)の「ブラックボックス」が決定。
直木賞は今村翔吾さん(37)の「塞王の楯」と、米澤穂信さん(43)の「黒牢城」に決定しました。

大学入学共通テストの「世界史B」の問題が外部に漏えい(1/26)

1月15日に実施された大学入学共通テストの地理歴史・公民の試験時間中に、「世界史B」の問題が外部に漏えいされた疑いがあることが明らかになりました。
27日には、大阪府に住む女子学生(19)が香川県警に出頭し、自らの関与を認めたとのことです。

では、時事問題2022年1月の最新ニュースから、中学生の定期テストの社会に出題されそうなものを見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

時事問題2022年1月から中学生社会の定期テスト予想!

時事問題2022年1月の最新ニュースから、中学生の定期テストの社会に出題されそうなものは以下となります!

箱根駅伝で2年ぶり総合優勝したのはどこの大学?

(解答)青山学院

平成元年より2年余りの間に総理大臣を務めた元総理大臣が亡くなりました。その人は誰?

(解答)海部俊樹元総理大臣

国軍のクーデターで身柄を拘束され、禁固4年の有罪判決を受けた民主化指導者の名前は?

(解答)アウンサンスーチー氏

体操男子で、日本のエースとして活躍し、現役を引退すると、発表したのは誰?

(解答)内村航平選手

1/15に南太平洋で大規模な噴火が発生したのはどこ?

(解答)トンガ

第166回 芥川賞を受賞したのは誰?

(解答)砂川文次さん

第166回 直木賞の受賞したのは誰?

(解答)今村翔吾さん 米澤穂信さん

どこの中学校でも、社会の時事問題に出題されるものは、それほど差はありません!

スポンサーリンク

社会のテストに時事問題として出題されるものは決まっている?

今回は時事問題2022年6月の最新ニュースから、中学生の定期テストの社会で出題されそうなものを取り上げました。

これまで各中学校の定期テストでの時事問題の予想を行ってきており、予想は高確率で的中しております。

そのため、今回の内容についても、高確率で各中学校の定期テストの社会の時事問題で出題されると思われます。

是非、参考にして、社会で高得点を目指しましょう!

スポンサーリンク