時事問題2022年2月最新ニュース!中学生社会定期テスト対策!

各中学校では、社会の定期テストに時事問題が出題されます。

配点は学校や学年により異なると思いますが、10点程度の配点となることが多いのではないでしょうか。

時事問題として出題されるものは、最新の主要なニュースからとなるため、おおよその予想を立てることが可能です。

時事問題について、2022年2月の最新ニュースから中学生が社会の定期テスト対策として覚えておくべきものはどのようなものでしょうか。

そこで、ここでは、時事問題の2022年2月の最新ニュースから中学生が社会の定期テスト対策として覚えておくべきものを予想していきたいと思います。

スポンサーリンク

時事問題2022年2月の最新ニュース!

時事問題2022年2月から、中学生が覚えておくべき最新ニュースは以下となります。

石原慎太郎氏が死去(2/1)

作家で、東京都知事、運輸相、旧日本維新の会共同代表などを務めた石原慎太郎元衆院議員が死去しました。
享年89歳でした。

新型コロナ一日の国内感染数が初の10万人超に(2/3)

新型コロナ一日の国内感染数が過去最多の10万4464人となり、初の10万人を超えました。

北京オリンピック スキージャンプ男子ノーマルヒルで金メダル(2/6)

北京オリンピック スキージャンプ男子ノーマルヒルで小林陵侑選手が金メダルを獲得。
日本ジャンプ男子の金メダルは長野大会以来24年ぶりになります。

日本政府 ヨーロッパへのLNG融通を決定(2/9)

アメリカ・バイデン政権の要請を受けて、日本政府は輸入したLNG=液化天然ガスの一部をヨーロッパに融通することを決定。
現在ヨーロッパの電力などに必要な天然ガスの約3割~4割は、ロシアからパイプラインで供給されています。

北京オリンピック スノーボード男子ハーフパイプで金メダル(2/11)

北京オリンピック スノーボード男子ハーフパイプで平野歩夢選手が金メダルを獲得。
スノーボード界では日本初の金メダルとなります。

藤井聡太竜王 最年少で五冠を達成(2/12)

将棋の八大タイトルの1つである「王将」のタイトルを藤井聡太四冠が獲得。
羽生善治九段が持つ最年少記録「22歳10か月」を28年5か月ぶりに塗り替え「19歳6か月」で五冠を達成しました。
現在獲得しているタイトルは「王将」のほかに「棋聖」「王位」「叡王」「竜王」です。

北京オリンピック スピードスケート女子1000メートルで金メダル(2/17)

北京オリンピック スピードスケート女子1000メートルで高木美帆選手がオリンピック新記録で金メダルを獲得しました。

ロシア ウクライナに軍事侵攻(2/24)

ロシア軍がウクライナの軍事施設を攻撃し、軍事侵攻が始まりました。
北部にあるチェルノブイリ原子力発電所もロシア軍に占拠されました。

では、時事問題2022年2月の最新ニュースから、中学生の定期テストの社会に出題されそうなものを見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

時事問題2022年2月から中学生社会の定期テスト予想!

時事問題2022年2月の最新ニュースから、中学生の定期テストの社会に出題されそうなものは以下となります!

作家で、東京都知事、運輸相、旧日本維新の会共同代表などを務めた元衆院議員が89歳で死去したのは誰?

(解答)石原慎太郎氏

新型コロナ一日の国内感染数が過去最多の何人を超えたでしょうか?

(解答)10万人

北京オリンピック スキージャンプ男子ノーマルヒルで金メダルを獲得したのは誰でしょう?

(解答)小林陵侑選手

北京オリンピック スノーボード男子ハーフパイプで金メダルを獲得したのは誰?

(解答)平野歩夢選手

将棋の八大タイトルの1つである「王将」のタイトルを獲得し五冠を達成したのは誰?

(解答)藤井聡太

北京オリンピック スピードスケート女子1000メートルでオリンピック新記録で金メダルを獲得したのは誰?

(解答)高木美帆選手

どこの中学校でも、社会の時事問題に出題されるものは、それほど差はありません!

スポンサーリンク

社会のテストに時事問題として出題されるものは決まっている?

今回は時事問題2022年2月の最新ニュースから、中学生の定期テストの社会で出題されそうなものを取り上げました。

これまで各中学校の定期テストでの時事問題の予想を行ってきており、予想は高確率で的中しております。

そのため、今回の内容についても、高確率で各中学校の定期テストの社会の時事問題で出題されると思われます。

是非、参考にして、社会で高得点を目指しましょう!

スポンサーリンク