時事問題2022年7月最新ニュース!中学生社会定期テスト対策!

各中学校では、社会の定期テストに時事問題が出題されます。

配点は学校や学年により異なると思いますが、10点程度の配点となることが多いのではないでしょうか。

時事問題として出題されるものは、最新の主要なニュースからとなるため、おおよその予想を立てることが可能です。

時事問題について、2022年7月の最新ニュースから中学生が社会の定期テスト対策として覚えておくべきものはどのようなものでしょうか。

そこで、ここでは、時事問題の2022年7月の最新ニュースから中学生が社会の定期テスト対策として覚えておくべきものを予想していきたいと思います。

スポンサーリンク

時事問題2022年7月の最新ニュース!

時事問題2022年7月から、中学生が覚えておくべき最新ニュースは以下となります。

ウィクラマシンハ首相が破産宣言をしたのはどこ?

(解答)スリランカ

辞意を表明したイギリスの首相は?

(解答)ジョンソン首相

では、時事問題2022年7月の最新ニュースから、中学生の定期テストの社会に出題されそうなものを見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

時事問題2022年7月から中学生社会の定期テスト予想!

時事問題2022年7月の最新ニュースから、中学生の定期テストの社会に出題されそうなものは以下となります!

スリランカが破産宣言(7/5)

スリランカのウィクラマシンハ首相が破産宣言を行いました。

イギリスのジョンソン首相が辞意を表明(7/7)

イギリスのジョンソン首相が辞意を表明しました。

どこの中学校でも、社会の時事問題に出題されるものは、それほど差はありません!

スポンサーリンク

社会のテストに時事問題として出題されるものは決まっている?

今回は時事問題2022年7月の最新ニュースから、中学生の定期テストの社会で出題されそうなものを取り上げました。

これまで各中学校の定期テストでの時事問題の予想を行ってきており、予想は高確率で的中しております。

そのため、今回の内容についても、高確率で各中学校の定期テストの社会の時事問題で出題されると思われます。

是非、参考にして、社会で高得点を目指しましょう!

スポンサーリンク