小学0年生?9月入学で新たな制度!小学校6.5年間を文科省検討

小学校
この記事は約5分で読めます。

現在、導入が検討されている「9月入学」について、文部科学省が検討する複数の移行案の1つに、「小学ゼロ年生」を導入し、小学校を6.5年間とする案があることがわかった。

この案では、直近の例で説明すると、2014年4月2日から2015年4月1日生まれの現在の年長クラスに加え、現在の年中クラスのうち、2015年4月2日から6月1日生まれの2カ月分の子どもが新入生の対象となる。

この子どもたちは、2021年3月に幼稚園などを卒園したあと、4月から8月にかけて、新たな学年となる「ゼロ年生」として学校生活を送り、9月から1年生になるという。

この案では、児童の数はあわせて14カ月分となり、これを6年かけて移行させることが想定されているが、小学校はこれまでの6年から、6.5年に延びることになる。

この案の実施には、「ゼロ年生」のための教員確保の費用として、毎年度3,000億円程度が見込まれるほか、教育課程や教科書などを至急検討する必要があり、課題も多いとされている。

(FNNプライム)

【独自】小学ゼロ年生の新案判明 小学校は6.5年(フジテレビ系(FNN)) - Yahoo!ニュース
現在、導入が検討されている「9月入学」について、文部科学省が検討する複数の移行案の1つに、「小学ゼロ年生」を導入し、小学校を6.5年間とする案があることがわかった。この案では、直近の例で説明すると、 - Yahoo!ニュース(フジテレビ系(FNN))

 

コロナウイルスによる影響により、4月から新年度の授業が開始できませんでした。
その影響により、日本でも文科省で9月入学を検討する動きがあります。
その中で、文科省が検討している、新たな案として、小学0年生という制度を導入するという案が検討されています。このことにより、小学校は6.5年間の通学になるようです。

小学0年生という制度は一体、どのようなもので、6.5年間の通学はどのようなメリットデメリットがあるのか見ていきたいと思います。

 

小学0年生案とは?小学校は6.5年間通学となる

直近の例では、2014年4月2日から2015年4月1日生まれの現在の年長クラスと、現在の年中クラスのうち、2015年4月2日から6月1日生まれの2カ月分の子どもが新入生の対象となるようです。

この子どもたちは、2021年3月に幼稚園などを卒園したあと、4月から8月にかけて、新たな学年となる小学0年生として学校生活を送り、9月から小学1年生になります。

つまり、4月から8月の間、これまでとは違う過ごし方をするということになりますが、この期間でなければできないことがあるのでしょうか?

コロナウイルスの影響により、4月からの半年間の学校生活や学びの遅れを解決する案としては良いかもしれませんが、それを今後も継続して実施する必要があるのかというところを考える必要があるのではないでしょうか。

また、コロナウイルスでの自粛期間分を取り戻すために、入学時期をずらすという発想であれば、今後、新たなウイルスの蔓延自然災害天変地異など、大きな出来事が起こるたびに、入学時期を変えるという発想にもなりかねませんよね。

 

 

9月入学のメリットは?きっかけは受験生救済のためでは?

そもそも、今回、コロナウイルスをきっかけに9月入学が検討され始めたわけですが、これは何を目的としているのでしょうか。

 

学力保障のため

今回のコロナウイルスの影響により、学校再開まで時間がかかってしまい、本来4月から学ぶべき内容が十分学習できていません。そのため、9月入学にすれば、改めて最初からきちんと学ぶことができ、遅れを補うことができます。

また、受験生にとっても不公平感なく、入試に挑むことができるのではないでしょうか。

 

国際標準に近づく

海外では9月など秋からの入学制度の学校が多いので、日本でも同じになれば、留学などグローバルな学びが充実できるという専門家の意見もあるようです。

しかし、これまで4月入学だから日本は海外との留学がしにくかったということもなさそうな気がします。

外国において9月入学が導入されている国が多いから日本もそうすべきだという単純な発想からの意見に思えますよね。

 

受験生救済や学びの遅れを取り戻すためには?

今年度の受験生を救済するため、今年度の分の学びの遅れを取り戻すことが重要な要素だと思われます。しかし、そのような点については、9月入学にしなくても、現状のままで、当面、土日を利用することや夏休みを削減することで補えるのではないでしょうか。

また、塾や予備校自宅学習教材といった、学校外学習においても補うことは可能でしょう。

 

予算や準備など必要なことは?

予算はどの程度必要?

この案の実施のためには、教員確保の費用として、毎年度3,000億円程度が見込まれるとのことです。

これだけの金額を投じて、小学1年生を9月からスタートさせ、それまでの間の半年間、小学0年生としての通学をさせるメリットはあるのでしょうか?

 

必要な準備は?

教育課程教科書などを用意する必要があります。

しかし、それはこの半年間の分だけを検討すれば良いというわけではありませんよね。

この分を作成することによって、幼稚園や保育園での教育の考え方も変わりますし、小学1年生以降のそれぞれの学年での学習内容や教科書の内容も変わっていく必要があります。

それとも、この半年間に今までは学んでいなくて、絶対に学ぶべき内容というものがあるのでしょうか?

 

最後に

ようやく、コロナウイルスの蔓延も落ち着いてきており、社会生活も学校生活も取り戻し始めています。

そのなかで、これまで検討されていた、本当に意味のあるのかわからない、9月入学という制度の検討もようやくなくなりそうだったところへ、蒸し返されるという事態です。

検討や実施するのであれば、子供たちへのメリットやデメリット、社会生活への影響、それに見合った費用や準備なのかも考慮してほしいものですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました